Interview
社員インタビュー

売れていく仕組みを考え、実行する。
それが営業の役目。

  • 中途入社
  • 企画・営業

K.H.

建設クラウド事業部

2016年入社

PROFILE

電子部品の営業を経験後、社会人3年目に当社へ転職。
入社動機は、サービスの強さ(シェアの高さ)、サービス利用の継続性。

1日のスケジュール

9:00
客先直行
10:00
客先打合せ(新機能の紹介、サービス運用状況のヒアリング)
11:30
帰社&ランチ
13:00
事務対応(メール&電話折り返し、到着書信の整理・手続)
14:00
TV会議打合せ(遠方のお客様への導入フォロー)
16:00
部内打合せ(週次進捗確認、部単位の取り組み・その他懸案事項の共有)
17:00
メール&電話折り返し
17:30
現行システムの仕様確認、機能改修に関する調査・検討
19:00
請求業務承認・進捗確認
19:30
資料作成(対外資料・社内共有・社内承認)
20:30
勤怠・経理手続
21:00
退社

営業と言うより、営業企画、マーケティング

法人営業を担当しています。「営業」と言っても、他社で言うところのマーケティング、営業企画という方がニュアンスは近いかもしれません。私の事業部は「建設サイト・シリーズ」の開発、販売、運用、サポートに責任を持ちます。

新規営業は、WEB経由でお問合せを頂くプル型営業スタイルです。既に主だったスーパーゼネコン様には導入されているので、当社サービスの業界内知名度は高く、毎月700社ほど新規顧客が増えていっています。「建設サイト・シリーズ」のお客様は4万社を超えましたが、当社の営業に係わる人数は10数名といった規模です。その為、営業担当として個々のお客様に「建設サイト・シリーズ」を充分に使ってもらえているか、という自分自身の取り組みと、また、いかにお客様の間で「建設サイト・シリーズ」を広めてもらえるか、その仕組みを考えることに取り組んでいます。具体的にはお客様自身でサービスの内容を理解頂き、ご利用を始められるよう、各種ツール・資料を用意するといった事が多いです。

私は以前、電子部品メーカーの営業をやっていましたが、あちらは対面する1社の要望に応える、1対1の仕事。しかしここは1対多の仕事。バージョンアップの要件整理なども当部署で進めています。自身の考えを元にユーザーである4万社の業務が変わっていくわけなので、大きなやりがいを感じます。

正確で柔軟な会話のできる人

お問い合せを頂いたお客様と電話で話すことが多いのですが、電話を介して、ご要望、ご質問内容を的確に聞き出す力、求められている内容の要点を抑えて説明する力が求められます。また、当社のサービスの内容をよく理解して、次に必要なものを考えていく力も必要ですね。

当社は定期セミナーも開催しています。1回のセミナーで200人ほどお集まり頂く、大規模なものもあります。そこで話す機会もあると思いますので、大人数に対してわかりやすく説明する力も必要ですね。いろいろ言ってしまいましたが、基本的には、やっていくうちに慣れていきます(笑)。

多方面のスキル、先端領域に触れられる職場

当社は小規模ながら、様々なサービスを展開し、様々な職種の人が活躍しています。そこが職場として一番面白いところです。ITクラウドサービス、スマホアプリ、タブレット活用、ビッグデータ活用といった分野や、プロダクトオーナー、営業、ITエンジニア、データサイエンティストなど。多方面の先端領域、高いスキルに日々触れる環境ですので、「自分ももっと成長しないと」と、大変良い刺激になります。

当社事業・サービスを知って、「面白そうだな」と思った方は、当社に入社するともっと面白いと感じるはずですよ。