Message
社長挨拶

データの価値を紡ぎ出し、
ひとと企業を結ぶサービスに
織り成す。

株式会社MCデータプラスのホームページにアクセス頂き、誠にありがとうございます。

当社は、三菱商事の建設業向けクラウド事業を母体とし、2015年に同社から分社独立する形で事業を開始いたしました。社会には無数の問題・課題が存在するわけですが、これらを自ら見付けて、主体的に解決していくことに喜びを感じる会社にしたいと考えています。

社会の課題を解決するサービスの提供を通じて得たデータを分析し、更に大きな課題を解決することで、より多くのユーザーに利用してもらえるITプラットフォームを目指すという気概をもって運営しています。

Mission
  • サービスとデータで、企業とひとをITで結ぶ
Vision
  • 業界共通の課題を解決する
  • 企業・個人等に幅広く使っていただく
  • 新たな結びつきを社会に提供する

建設業向けには、大手ゼネコンから地場の建設会社まで幅広く利用される「建設サイト・シリーズ」を提供しており、労務・安全衛生に関する管理書類をWeb上で簡単に作成・提出・確認できる「グリーンサイト」が中核サービスとなっています。
現在では、6万社とお取引を頂き、50万社158万人以上のデータをお預かりする、建設業において最大級のITプラットフォームに成長いたしました。ここでお預かりしたデータを活用して、建設業界へ、または建設業に関心のある業界に対して新たなサービスを提供し、事業の幅を広げていきます。

建設業界以外では、これまでのプラットフォーム事業で培ったビッグデータ活用に関するノウハウをもとに、企業が保有しているデータを圧倒的なスピードで分析するためのデータ分析クラウドサービス「cacicar(カシカル)」や、企業と消費者をつなぐ家計簿アプリサービス「recemaru(レシマル)」を、主にリテイル業界向けに提供しております。

MCデータプラスとの社名通り、データを用いて新たなユーザー価値を創造していけるよう、今後も引き続き精進してまいります。
より一層のご期待、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。


株式会社MCデータプラス
代表取締役社長 飯田 正生